事務局

事務局長 岡田 洋介
事務局次長 福村 愛理
委 員 奥出 伸行
小林 寛人
巻下 光好

事務局方針

青年会議所の存在意義とは、社会や地域の様々な問題において、課題解決に取り組み、多様性のある事業を地域に展開していくことだと私は考えます。創立55周年の時に発表した「加賀JC宣言 加賀維新の先駆けとなれ!」には加賀の未来のために多様な行動を起こす人々が溢れるまちを理想像としています。私たちが社会課題を解決する起点となり、持続可能な地域を創って行かなければならないのです。私たちメンバーによる組織への理解と社会への課題解決が、加賀青年会議所の持続可能性を保ち、今後も地域に必要とされる団体へ繋がります。今なお続く未曽有の危機のなか、社会や地域の課題を解決するべく私たちは挑戦を行い、メンバー一人ひとりが最大限に力を発揮する土台を作ることで社会や地域の課題解決に少しでも繋げて参ります。

様々な会議や組織の中枢を担う事務局は、会員数の減少や平均在籍年数の低下、メンバーの育成など組織が抱える課題、仕事や家庭がある中で青年会議所活動の両立が難しいといった個人の課題など、メンバーに寄り添いながら組織の在り方について考えなければなりません。持続可能な組織運営であるためには時代に即した組織体制、的確且つ効率的な会議運営が必要となります。青年会議所の会議は少数意見も尊重し、ある程度自主的な意思決定を行うことができる反面、メンバー全員の同意を得るために会議時間が長くなることもあります。しかしながら時間は有限であり、円滑な会議運営を行うためには、如何に時間を有効的に活用し、より有意義な会議とすることが重要になってきます。限られた時間の中でも事業の効果を高める為に、事務局会議では、議案の精度を高めることに注力し、費用対効果を鑑みて、運動の最大化を図ります。また、広報の面でも青年会議所の魅力を多く発信し、地域からの理解や信頼の向上を図ります。

本年度事務局では二つの事業を担当します。新年交流会では、本年度の所信を発信し、今後も地域に必要とされる団体であり続けることを目指してまいります。また、私たち加賀青年会議所のメンバーに於いては、同じ目的に向かい一年間共に運動を展開するために、一人ひとりの行動指針を定める機会とします。卒業式では、現役生活最後となるご卒業生を厳粛且つ賑やかに送り出す卒業式として、ご卒業生にはこれまで青年会議所で過ごした日々を胸に刻んでいただき、新たなステージへの第一歩としていただきます。また、在籍メンバーはご卒業生に感謝の気持ちを伝え、想いを受け継ぐことで、更なる青年会議所活動の充実を図ります。最後に、髙田専務理事にご指導いただきながら、事務局メンバー力を合わせて楽しんで活動してまいります。一年間宜しくお願い致します。

新年交流会

目 的 公益社団法人加賀青年会議所の所信を地域に発信する
実施月 1月
規 模 来賓、シニアメンバー、公益社団法人加賀青年会議所メンバー

卒業式

目 的 ご卒業生の想いを受け継ぎ、感謝の気持ちを伝える
実施月 11月
規 模 公益社団法人加賀青年会議所メンバー

■担当

総会、理事会の準備及び進行と議事録の作成

定例会の運営

南加賀、MAK合同例会 4月

じゃがいもゴルフ(年2回)

理事長、専務理事の補佐

ホームページ、SNSを活用した広報活動

財務管理と一般事務処理、会費の徴収

基本資料の作成と名簿の作成

各事業計画書、報告書の整理並びに委員会活動状況表、スケジュール表の作成

諸事業の会員の出欠状況把握

事務局の管理、運営

備品管理、補充

事業の記録

GSuiteの管理